SAWADEE FROM BANGKOK

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【タイ留学】僕の学校探しから入学まで

サワディーカップ!!

 

f:id:sawadee_kei:20170211224723j:plain

 

インドのウユニ塩湖と言われるホワイトランで

ただただ先を見つめているKEISUKEです

 

今回は

タイに留学するということについて書きたいと思います

 

f:id:sawadee_kei:20170212124251j:plain

 

日本人にも旅先としてすごく人気なタイ

そんなタイの大学に興味を持つ人も少ないないでしょう

実際に僕もその一人ですし笑

しかし留学というとアメリカだったり

ヨーロッパ兼が大多数でタイなんてまだまだマイノリティーでしょう

友達や親に言っても

なんでタイ??

ってなると思います、自分もそうでしたし今もよく聞かれます笑

 

なので今回自分の体験を元に

タイに留学に来るメリットデメリットについて!

 

まず前提に留学に来るには大まかに二つあります

 

①日本の大学の提携校に交換留学生として留学

②テストを受けて正規学生として留学

 

たぶんほとんどの場合は①だと思います!

自分のタイの大学にいる日本人留学生のほとんどは

このタイプで来ていると思います

 

次に②正規学生です

自分はこれに当たります。

実際にタイで学部の試験をタイ人と同じように受けて入学しました。

 

このことについて少し話したいと思います。

 

まず始めに行きたい大学、学部を探さなければいけません

 

HOME - タイの大学へ行こう!

 

こちらのサイトに大まかなタイの大学や情報がありますので是非!

 

自分の場合は東南アジアのことについて勉強したかったので

なるべく名前の通ったいい大学で

東南アジアに関与した学部を探しました

またインターナショナルの学部を探さなければいけません

タイの大学にはタイ語で授業を受ける学部と

すべて英語の学部があるのでしっかり確認してください

 

これはインターネットで調べれば日本語でもいろいろ情報が出てきます

自分もネットで調べたのとタイ人の友達から色んな情報を集めました

 

そこで当時自分が絞ったのが

国立マヒドン大学と国立タマサート大学

どちらもタイでは超名門の大学です

 

次に試験と要必須書類を確認しなければいけません

これも大学のサイトを見れば載っていると思います

 

自分の場合は

高校の卒業証明書、成績証明書

TOEFLまたはIELTSの結果証明書

ぐらいな感じだった気がします

 

大学によって必要書類は異なりますのでしっかりチェックしてください

実際マヒドン大学は教授二名からの推薦状も必要でした。

 

TOEFLまたはIELTSの成績証明書は間違いなく必要でしょう

大学、学科ごとに必要なスコアは異なるとおもいます

自分の場合はIELTSを使ったのですが

自分の学科はoverall で 6.0 以上必要でした

 

実際授業は全部英語、課題や論文なども全部英語です

このぐらいのスコアは最低取らないと

国立の大学では厳しいかもしれません

 

私立の大学、例えばバンコク大学などでは

もう少し低いスコア、またはTOEFLやIELTSのスコアが

いらないというところも実際あるみたいです

 

ここまで書類が全部集まれば

次に試験の日にちを確認しなければいけません

これが意外と難しくて

大学のサイトに記載されていない場合などがよくあります

自分の場合は大学の学部のメールアドレスに連絡しましたが.....

 

まあ返ってこないですよね笑

 

相手はタイ人です

あんまり期待しないほうがいいかもしれません笑

 

結局ちゃんとした日付がわかることはありませんでした....

なので自分は見計らって実際にタイの大学のオフィスまで行ってきました笑

電話で聞いてみるのもありだと思います

もちろん英語で対応しないといけないのが難点ですかね

 

タイの大学は二学期制で

一学期目は8月半ばから12月末まで

二学期目は1月半ばから5月末までです

 

ということで大体の大学では入学試験は

2月の終わり、または3月の初め頃です

自分は2月末に大学のオフィスに行き

その10日後にテストがありました笑(ラッキー)

 

実際に大学の学部のオフィスに行って聞くのが一番早いですかね

 

自分はそこから10日間友達の家に泊まり込み

試験勉強してました笑(10日間で間に合うのか笑)

 

試験内容も大学、学部によって異なるかと思います

自分の場合はまず筆記試験

東南アジアについての記事を読み

二つの質問にエッセイで500文字ずつだった気がします

 

テスト自体は個人的にそんなに難しくなかったかなって感じです笑

 

そのあとお昼を挟んで個人面接の試験がありました

自分は唯一の外国人だったので面接は最後で

学部の一番偉い方たちとの面接となりました笑

 

時間は30分から1時間くらい

聞かれたことは意外と単純でなんでタイで勉強したいかとか

以前1年間いたアメリカでのことだとか

タイのどんなとこが好きだとか楽しい会話でした笑

 

後からタイ人の友達に聞いた話だと

他のタイ人の生徒は東南アジアの歴史、経済、政治、文化など

いろいろディープなことを聞かれたらしいです....

 

このようにして試験が終わりました!

結果は1か月後大学のサイトに張り出されていて

無事タマサート大学に合格しました

(たぶんここで初めて自分の大学名を言った笑)

 

f:id:sawadee_kei:20170212124644j:plain

合格発表後にあるオリエンテーショントリップの写真

 

結局マヒドン大学はうけることなくタマサート大学に決めました!

 

これが試験から入学までの流れです

また自分がタイに留学に来ようと思った理由などは

以前の記事

sawadee-kei.hatenablog.com

 

をご覧ください!

 

ということで

これが学校探しから入学までの流れです

 

先にタイ留学のメリットとデメリットについて

書こうと思ってたんですが

長くなってしまったので次回書きたいと思います!

 

また僕のインスタグラムにも日々の生活や

大学生活についても書いてるので是非トップページの右側

または @sawadee_kei まで!!

 

それでは!

 

サワディーカップ!!